teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


作品募集のお知らせ

 投稿者:TOHOシネマズ学生映画祭実行委員  投稿日:2016年11月25日(金)17時21分19秒 133.91.136.202
  東京造形大学映画研究会様


はじめまして。私、第11回TOHOシネマズ学生映画祭広報部の者です。


突然のご連絡、失礼いたします。3月24日(金)にTOHOシネマズ日本橋で行われます、当映画祭の作品募集の告知でご連絡させて頂きました。



TOHOシネマズ学生映画祭は「学生による、学生のための映画祭」というコンセプトのもと、2007年より始まった学生映画祭です。TOHOシネマズのシアターを使用した唯一の学生映画祭で、昨年2016年4月には第10回を迎えました。毎年全国の学生から数百もの映像作品が集まり、その規模も大きくなってきています。審査は毎年著名なクリエイターによって行われており、日本の映像コンテンツ業界と学生をつなぐ架け橋にもなっています。

今年度も以下の3部門で作品を募集し、締め切りは2017年2月13日消印有効となっています。
 ・ショートフィルム(SF)部門(15分以内)
 ・ショートアニメーション(SA)部門(15分以内)
 ・CM部門(30秒以内)

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.tohotheater.jp/event/gakuseieigasai11.html





是非作品を応募していただきたく思いますので、もしよろしければ団体の中で情報を共有して頂けませんでしょうか。ご検討いただけますと幸いです。

突然のご連絡にて大変恐縮ではございますが、何卒よろしくお願いいたします。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
TOHOシネマズ学生映画祭実行委員 広報部

HP:       http://www.tohotheater.jp/event/gakuseieigasai11.html
Twitter: https://twitter.com/tocsff
Mail:     toho.gakusai.11th@gmail.com
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
 

「Theatre of PEACE 3rd」開催のお知らせと広報協力のお願い

 投稿者:学生団体S.A.L.  投稿日:2016年10月20日(木)23時44分32秒 KD106161205137.au-net.ne.jp
  突然のご連絡申し訳ございません。

慶應義塾大学公認学生団体S.A.L.という国際問題啓発団体の代表をしております 野田と申します。
誠に勝手ながら自主上映会「Theatre of PEACE 3rd」についてのご案内とご協力願いをさせていただきます。

11/4,6に学生4人がそれぞれ伝えたいと感じた世界の「今」を閉じ込めた映像作品を上映する映像祭「Theatre of Peace 3rd」を2日間に渡り開催致します。亡命チベット人、フィリピンの子供達、ミャンマーの難民、そしてコソボ紛争が本イベントで上映される映画のテーマとなっております。

つきましてはもしお時間ございましたら弊団体のイベントにお越し頂きたく、イベントご案内のご連絡をさし上げました。また、弊団体のイベントに賛同していただけるようでしたら広報活動にもご協力をしていただけると嬉しく思います。

広報活動のご協力とは、具体的にはFacebook,TwitterなどのSNSでの上映会案内の拡散やフォローとなります。
もし、ご協力いただけるようでしたら返事をいただけると幸いです。


-------Information-------
ーきっと、誰かが知らないから。

4人の監督が旅を通して目の当たりにした、日本とあまりにも異なる日常。

新しい価値観に触れ、人々の気持ちに触れ、その複雑さに葛藤しながら作り上げた4作品。共通するのは、「少しでも多くの人に知ってもらいたい」という思いです。2016年11月、学生団体S.A.L.は、平和をテーマとした映画祭「Theatre of PEACE」を開催致します。


◆◆◆DAY1◆◆◆
【日時】11月4日(金) 18:00開場 18:15開演

【開催地】イオンシネマみなとみらい

(神奈川県横浜市中区新港2-2-1横浜ワールドポーターズ5F)

?JR桜木町駅 徒歩10分

?みなとみらい線 みなとみらい駅・馬車道駅 徒歩5分

【入場料】¥500

【ご予約】

http://www.kokuchpro.com/event/theatreofpeace3rd/85318/

*DAY1.DAY2で予約フォームが異なりますのでご注意下さい



【作品紹介】

?『Like a Prison』/監督 長谷川尚


2015年、自治60周年を迎えたチベット自治区。

群青色の空の下、ひるがえる五色の旗、整備された街並み。

古来より風光明媚な土地として知られるこの地で暮らすチベット民族は、我々が想定するより穏便な生活を送っていた。しかし一方、危険を冒して各国へと亡命する人々が後を絶たないという。

「そこはまるで、刑務所のようだったー」

彼らは何の為に、故郷を去ったのか。



?『キミの隣のボクへ』/監督 小林令奈

「あなたの大切なものはなんですか?」

東南アジアに浮かぶ島国、フィリピン。その美しさの裏側に隠された、不十分な教育、貧困の連鎖。巨大化し続けるゴミ山、止むことのない差別。

そんな地に生きる子供たちにカメラを託した。ファインダー越しに、子供たちが見つめた世界。小さなカメラマンたちの、本当の想いとは―

(アジア青少年国際映画祭2016日本代表作品)


◆◆◆DAY2◆◆◆
【日時】11月6日(日) 14:00開場  14:30開演

【開催地】東京ウィメンズプラザ *前回と同様の開催地です

(東京都渋谷区神宮前5-53-67)

?東京メトロ表参道駅 B2 徒歩7分

?山手線 渋谷駅 宮益坂口 徒歩 12分

【入場料】¥500

【ご予約】

http://www.kokuchpro.com/event/528b5b3d57d25a170a2708bad0d7d4bc/

*DAY1.DAY2で予約フォームが異なりますのでご注意下さい

*両日ともお越しいただける場合は、お手数ですがそれぞれお申し込みをして頂きますようお願い致します。



【作品紹介】

?『Light Up Rohingya』/監督 久保田徹

"難民キャンプで生まれ、キャンプの外に出ることなく育つ"

ロヒンギャ族にとって、これは珍しい話ではない。ミャンマー西部に暮らす彼らは、政府から国籍を与えられていない。今もなお、その存在を覆い隠されるように隔離された場所での生活を強いられている。

ミャンマー民主化の光と影。

その暗闇に生きる彼らに、光をあてる。

(国際平和映像祭AFP通信賞、学生部門賞W受賞作品)

?『The Last Man』 /監督 岡勇之介

20年前、紛争が起こった旧ユーゴスラビア。今、この地には平和な日常が広がり、紛争から立ち直ったように感じる。しかし、ここに住む人々の心には、未だ癒えぬ傷跡があった。

セルビア人とアルバニア人、彼らの戦争はまだ終わっていない。

「戦争する者は悪」

それを当然と思い込み、深く考える事を止めてしまった人が、実は世界を終わらせる人なのかもしれない。

(コソボ・プリズレンドキュメンタリー映画祭出展作品)


決して映像が専門分野ではない私たちですが、学生だからこそ表せる粗く熱い想いをお伝えすることができるのではないかと考えております。

今後とも引き続きよろしくお願い致します。

☆予告編

https://www.youtube.com/watch?v=GGEQv1U5Nes&t=2s

☆最新情報はSNSにてお知らせしておりますので、こちらも合わせてご覧ください!

FB:https://www.facebook.com/theatreofpeace3rd/?pnref=story

Twitter:@theatreofpeace3rd

------------------------------------------------
学生団体S.A.L. Theatre of PEACE3rd
企画責任者 野田一慶

E-Mail threatreofpeace@gmial.com

Website http: //salkeio.com/

学生団体S.A.L. HP: http://salkeio.com/theatreofpeace3rd/

------------------------------------------------

http://salkeio.com/theatreofpeace3rd/

 

作品応募のお願い

 投稿者:TOHOシネマズ学生映画祭  投稿日:2016年 1月 8日(金)17時43分49秒 ocha-p33.mind.meiji.ac.jp
  はじめまして。第10回TOHOシネマズ学生映画祭広報部のものです。
ただ今、4月10日にTOHOシネマズ日本橋で行われます、当映画祭の作品を募集しており、ご連絡させて頂きました。

我々はシネコンの大きなスクリーンで数百人の観客に向けて上映し、有名映画監督やプロデューサーなどの審査員に作品を審査して頂く、国内有数の学生映画祭です。

作品はショートフィルム、ショートアニメーション、CMの三部門で募集しています。今年のCM部門では、日清フーズ株式会社様と提携させてもらっています。テーマはパスタとなっており、日清フーズ株式会社様の商品であるパスタを使ったものとなります。撮影に必要なパスタは、こちらから送らせていただいています。

どの部門の作品も、他の映画祭などにおいて受賞経験が無ければ、過去に制作した作品も応募する事が可能です。


そして作品の応募は2月21日となっています。(※少しでも応募をお考えの方は、まずはHPにて事前エントリーをお願いします。締め切りは1月21日です。)


そこで、サークルの皆様にこちらの情報共有をお願いしたく思っております。また、こちらのメールアドレスにおいても質問等を承りますので、ご気軽に送って頂けると幸いです。お手数お掛けしますが、ご検討の程、お願い致します。


突然のご連絡にて大変恐縮ではございますが、何卒宜しくお願い申し上げます。



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

TOHOシネマズ学生映画祭実行委員 広報部

HP: http://www.gakuseieigasai.jp/competition.html

Mail: toho.gakusai.10th@gmail.com

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

7月28日 10時開催!株式会社ロボットのディレクター、監督のトークイベント開催!

 投稿者:油谷信太朗  投稿日:2015年 7月21日(火)19時41分18秒 p934205-ipngn12001marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
  初めてご連絡をさせて頂きます。
NPO法人CANVASの油谷と申します。

私共は「こども向け参加型創造・表現活動の全国普及・国際交流を推進するNPO」として、
2002年11月に設立した団体でございます。
主にこども向けのワークショップの企画や運営をさせて頂いている団体です。
【ウェブサイト:http://canvas.ws/

本日は「こどもメディアラボ」というトークイベントをわたしたちで
定期的に開催しており、そのご案内で連絡を致しました。

今回は「カリーノ・コニ」や「つみきのいえ」を制作した
株式会社ロボットのディレクターと監督をご招待した内容となっており、
映像の研究会やサークルを主催されている方には楽しんでいただける
内容になっております。

ご興味があればぜひご参加頂ければと思っております。
下記詳細となりますので内容をご確認頂ければ幸いでございます。
みなさんのご参加を心よりお待ち申し上げております。

【イベントの詳細】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

           7月28日(火)10時より
      第7回こどもメディアラボを開催いたします!
  http://www.a-m-u.jp/event/2015/07/kodomo-medialab-vol7.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今回テーマは「こどもとアニメーション」。
ゲストに、クリエイティブ・プロダクション、
株式会社ロボットのクリエイティブ・ディレクターの安藤岳史さんと
アニメーション監督の坂井治さんの立場の違うお二方をお招きします。

安藤岳史さんは、テレビ東京の人気アニメシリーズ「カリーノ・コニ」をはじめ
グラフィック広告やCM、映像等数多くのクリエイティブ作品を手がけております。
坂井治さんは、シカゴ国際こども映画祭2009でテレビ部門最優秀賞を受賞した
NHKみんなのうた「PoPoLoouise」をはじめとした多くのこども向け
アニメーションを手がけています。

こどもたちだけでなく、大人をも魅了するクリエイティブ作品を世に出し続けている
ロボットの作品作りの歴史にふれながら、今現在、作品づくりの現場でご活躍されている
お二人のお話しを伺い、こどもとアニメーションの関係性について、紐解いていきます。

また、「こどもメディアラボ」は、ゲストの方と気軽にお話できる場でもあり、
毎回、お子さんを持つパパママ、こども業界やメディア業界にかかわる社会人の
方、学生さんなど、さまざまな方との出会いの場にもなっております。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

---------------------------------------------------------------
【トークイベント概要】

■イベント名:第7回こどもメディアラボ

■テーマ :こどもとアニメーション

■日時:7/28(火)10:00~12:00 (9:30開場予定)

■場所:多目的クリエイティブスペース「amu」
    東京都渋谷区恵比寿西1-17-2
    http://www.a-m-u.jp/access/

■詳細・お申し込み:
http://www.a-m-u.jp/event/2015/07/kodomo-medialab-vol7.html

■出演者:
●安藤岳史(アンドウ タケシ)

[プロフィール]
アートディレクター/クリエイティブ・ディレクター
株式会社ロボット所属
アートディレクターとして資生堂UNOや麒麟淡麗など多くのグラフィック広告作品や、
またクリエイティブ・ディレクターとして佐川急便などのCMやTBS『世界遺産』の
オープニング映像を手掛ける。
また映画ポスターのアートワークも多数あり現在まで約80作品を超える。
主な作品として『リング/らせん』『KILLBILL』『レッドクリフ』『新しい靴を買わなくちゃ』など。
近年では『カリーノ・コニ』などのオリジナルコンテンツ開発を手掛ける。


●坂井治(サカイ オサム)

[プロフィール]
1977年生。埼玉出身。2001年多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒。
現在株式会社ロボット所属。
アニメーションを中心に企画・演出をはじめ、絵本、
イラストレーション、キャラクターデザインなどを手がける。
子ども向けアニメーションも多く手がけ、NHKみんなのうた「PoPoLoouise」は
シカゴ国際こども映画祭2009テレビ部門最優秀賞受賞。
昨年青山ギャラリーハウスMAYAにて初個展。
最近の仕事に、絵本「す~は~」(福音館書店かがくのとも)、
7月14日リニューアルオープンした国立科学博物館地球館「地球史ナビゲイター」映像演出など。


●石戸奈々子(いしど・ななこ)(NPO法人CANVAS 理事長)

[プロフィール]
NPO法人CANVAS理事長、株式会社デジタルえほん代表取締役、慶應義塾大学准教授、amu代表。
東京大学工学部卒業後、マサチューセッツ工科大学メディアラボ客員研究員を経て、
子ども向け創造・表現活動を推進するNPO「CANVAS」を設立。
これまでに開催したワークショップは 2000回、約30万人の子どもたちが参加。
実行委員長をつとめる子ども創作活動の博覧会「ワークショップコレクション」は、
2日間で10万人を動員する。その後、株式会社デジタルえほんを立ち上げ、えほんアプリを制作中。
総務省情報通信審議会委員などを兼務。
著書に『子どもの創造力スイッチ!遊びと学びのひみつ基地 CANVASの実践』、
『デジタル教科書革命』、『デジタル教育宣言 スマホで遊ぶ子ども、学ぶ子どもの未来』など。


---------------------------------------------------------------

【こどもメディアラボとは?】

こどもとメディアの関係を総合的に考え、
新しい価値を生みだすおとなの学び舎です。
様々な分野の第一線で活躍されているゲストの方をお招きし、
対話を重ねながら、こどもとメディアの関係を総合的に考える
「こどもメディアラボ」というトークイベントを
毎月、恵比寿の「amu」にて開催しています。
http://www.a-m-u.jp/event/series/cat121/

http://www.a-m-u.jp/event/2015/07/kodomo-medialab-vol7.html

 

京都国際学生映画祭から作品募集のご案内

 投稿者:板倉はるか  投稿日:2015年 4月20日(月)01時34分4秒 119-228-181-179f1.hyg1.eonet.ne.jp
  はじめまして。
私、京都国際学生映画祭事務局の板倉と申します。
突然のご連絡失礼いたします。
ただいま、当映画祭ではコンペティションの応募を募っております。

応募資格は「学生が作った作品であること」です。

つきましては、制作された作品をぜひとも応募していただきたく思いご連絡した次第です。

素敵な作品に出会えることを心から楽しみにしております。

受付期間は5月15日までとなっております。

詳しくは当映画祭のwebサイトに記載しております。

http://www.kisfvf.com/entry/

ご応募お待ちしております。では、失礼いたします。

http://www.kisfvf.com/entry/

 

作品募集のお知らせ

 投稿者:TOHOシネマズ学生映画祭実行委員  投稿日:2014年12月25日(木)00時30分56秒 FL1-122-132-220-191.kng.mesh.ad.jp
  ご担当者様

はじめまして。
第9回TOHOシネマズ学生映画祭の細川と申します。
突然のメール、失礼いたします。

TOHOシネマズ学生映画祭は今年で9回目を迎える学生による、学生のための映画祭です。

2014年4月、新宿に新しくオープンいたしますTOHOシネマズ新宿での開催に向けて、只今作品を募集中です。

そこで、皆さまにもぜひとも出品をご検討していただきたく、ご連絡いたしました。

今年は
ショートフィルム部門
ショートアニメーション部門
CM部門
計3部門にて作品を募集しております。

詳しい募集要項はこちらのページをご覧ください。
http://www.gakuseieigasai.jp/competition.html

実行委員一同、作品のご応募お待ちしております!


第9回TOHOシネマズ学生映画祭 広報担当  細川 楓

TOHOシネマズ学生映画祭
http://www.gakuseieigasai.jp/

Twitter:@tocsff(公式情報など)
    @tsff_east_staff(実行委員のつぶやき)
Facebook:http://www.facebook.com/tohocinemas8th
 

映画上映イベントへのご案内

 投稿者:近藤望美  投稿日:2014年11月26日(水)21時42分28秒 softbank219042198025.bbtec.net
  東京造形大学
映画研究会さま

突然のご連絡失礼致します。

私、自主制作映画「オリンピアの嘲笑」の制作を務めております近藤望美と申します。

来月の12月7日に私たちの作品の上映イベントが控えており、是非ともたくさんの学生の方々に見て頂きたいと思い、ご連絡をさせて頂きました。
以下が当日上映される作品の予告編になります。

『オリンピアの嘲笑』予告
https://www.youtube.com/watch?v=-9ezSJWclaw

??映画/上映情報

『オリンピアの嘲笑』
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭・TAMA NEW WAVEなど、多くの映画祭で受賞経験のある三原慧悟監督最新作の初号上映会!

【日時】
2014年12月7日(日)
18:40開場 19:00開演

【料金】
通常 1000円
※割引制度あり。詳細はHPにてご確認ください。

【会場】
三鷹市芸術文化センター星のホール

【出演】
平岡拓真
三原大樹
平田薫
板倉光隆
牧凌平
城築創
青柳信孝
佐藤峻
辺見勇太
浜野瑠璃子
ほか

【HP】
http://miharateikoku.com/olympia/



12月7日、日曜日の19時開演、場所の最寄りは三鷹駅になります!
当日は是非是非映画制作をする物同士の交流の場として、そして作品を楽しみに来て頂けたら幸いです。


もし、興味を持って頂けるようでしたら是非とも以下の予約フォームから、御予約をお願い致します。

【予約】
https://docs.google.com/forms/d/1Oym1etjZYBKN3a08s0Vz4jwlVWoyPtFDSTNKTh_UugY/viewform?entry_1207434031=Ko


突然のご連絡で大変失礼致しました。その他なにかご不明な点等ございましたら
kndnzm@gmail.comまでいつでもご連絡ください!

facebook:https://www.facebook.com/nozomi.kondo.16

成城大学4年 近藤望美

http://miharateikoku.com/olympia/

 

第4回日本学生映画祭のごあんない

 投稿者:日本学生映画祭 企画部 津村  投稿日:2014年10月 6日(月)04時26分4秒 108.188.3.110.ap.yournet.ne.jp
  突然の書き込み失礼いたします。
日本学生映画祭 企画部の津村と申します。

日本学生映画祭の告知をさせていただきたいと思い、ご連絡させていただきました。

【第4回日本学生映画祭】

日時:2014年10月26日(日)14:10~

場所:TOHOシネマズ日本橋 スクリーン6

内容:学生映画6作品の上映(120分)
    学生監督による舞台挨拶(10分)
    トークショー(60分)

主催:第4回日本学生映画祭企画委員会

料金:500円

※詳細は下記HPをご覧ください。

日本学生映画祭HP:http://tiffgakusei.com/nihongakusei/
東京国際映画祭HP:http://2014.tiff-jp.net/ja/

興味がある方は、【10月7日(火)17時】までに
チケットの枚数を書いて、メールを送っていただけると、こちらのほうでお席がご用意できますのでよろしければご利用ください。
一般販売もございます。

日本学生映画祭 企画部 津村
nitigakusai@gmail.com
 

うえだ城下町映画祭自主制作映画コンテストのお知らせ

 投稿者:うえだ城下町映画祭事務局  投稿日:2014年 5月24日(土)15時29分5秒 210.228.21.51
  突然の書き込み、失礼いたします。
「うえだ城下町映画祭」事務局の尾崎と申します。
今年で12回目を迎える自主制作映画コンテストの作品募集について告知させていただきたいと存じます。
上田市では、映画の黎明期より現在に至るまで、間断なく映画のロケが行なわれており、近作では劇団ひとり監督の「晴天の霹靂」が公開されています。
また、日本映画の優れた作品を上映する「うえだ城下町映画祭」も今年で18回目を迎えます。

「うえだ城下町映画祭」では、さらなる映画文化の振興を願って本年も自主制作映画コンテストを行います。
当コンテストでは15分以上の作品を募集しています。
募集期間は2014年6月15日(日)~8月8日(金)です。
詳細につきましてはウェブサイトをご覧ください。
http://www.umic.jp/eigact/index.html

皆さまのご応募をお待ちしております。

http://www.umic.jp/eigact/index.html

 

『阿佐ヶ谷 演技スクール』プレ・イベント開催!

 投稿者:COOLWIND  投稿日:2014年 4月17日(木)12時32分38秒 L031034.ppp.dion.ne.jp
  ご担当者様
告知させてください。
不適切でしたら削除お願いします。

『阿佐ヶ谷 演技スクール』プレ・イベント開催!

受講生募集中! 未経験者可
都内No.2の演劇の街『阿佐ヶ谷』発信!!

●演技に興味がある人●俳優(女優)を目指している人●自己PRを上達させたい人

<講師>
新井昌和(あらい まさかず)
オフィスフォルツァ 代表/俳優
元劇団ひまわり 俳優養成所本社 所長

<開催概要>
応募締め切り:2014年6月9日(月曜日)23:00

開催日:2014年6月13日 金曜日
時間: 18:30~20:30(受付開始18:15)
会場:阿佐ヶ谷区民センター

参加会費:一般¥2,700(税込) /学生¥2,200(税込)

参加資格:12歳(中学生以上)~30歳までの男女。学歴・経験の有無は問いません(演技未経験者可)。学生可。事務所に所属している方も可。

定員:15名(定員になりましたら締め切らせていただきます)

<申込方法>
COOLWIND HPからどうぞ
http://coolwind.co.jp/seminar/1425
一番下の申し込みフォームから申し込んでください。

申し込みフォームから申し込めない方はメールにて直接お問い合わせください
otoiawasecw★coolwind.co.jp (★を@に置き換えてください)
件名には『阿佐ヶ谷演技スクール』と必ずお書きください。

担当者不在時の行き違いがございます。
間違いを防ぐためにメールでのお問合せをお願いします。

http://coolwind.co.jp/seminar/1425

 

レンタル掲示板
/46